2020-11-21から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-トロピカルガー(Atractosteus tropicus)

トロピカルガーは他のガーの仲間よりも温暖な地域に生息しているガーの仲間で最大で1m以上に成長します。 トロピカルガーについて! トロピカルガーを展示している施設! トロピカルガーと千歳水族館 トロピカルガーを展示している施設の一覧 トロピカルガー…

水族館魚図鑑-ターポン(Megalops atlanticus)

ターポンは釣りの対象魚として非常に人気の高い魚で、釣りを行うために日本から大西洋を訪れる釣り人もいます。 ターポンは和名ではタイセイヨウイセゴイとされていますが、一般的にはターポンの名前で呼ばれます。 ターポンについて! ターポンを展示してい…

水族館魚図鑑-スポッテッドガー(Lepisosteus oculatus)

スポッテッドガーはガーの仲間の中では小型の種類で、名前の由来にもなっている体側の斑点が特徴の魚です。 現在は特定外来生物に指定されているため、新しく飼育することができませんが以前は観賞魚として流通していました。(指定以前から飼育していた個体…

水族館魚図鑑-チダイ(Evynnis tumifrons)

チダイは鰓蓋の後方に血が滲んでいるような筋があることが「血鯛」という標準和名の由来になっています。 マダイと同じく味の良い魚として、昔から食用として利用されています。 チダイについて! チダイを展示している施設! チダイと鳥羽水族館 チダイを展…

水族館魚図鑑-サケビクニン(Careproctus rastrinus)

サケビクニンはピンク色の体色をしたコンニャクウオの仲間で、変わった見た目から水族館で展示されていることも多いです。 ビクニンとは「比丘尼」(出家した女性の事)が由来と言われています。 サケビクニンについて! サケビクニンを展示している施設! サ…