2020-11-18から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-アズマハナダイ(Plectranthias kelloggi)

アズマハナダイは水深の深い岩礁域で見られる魚で、美しい見た目から観賞魚として飼育されることがあります。 アズマハナダイについて! アズマハナダイを展示している施設! アズマハナダイと名古屋港水族館 アズマハナダイを展示している施設の一覧 アズマ…

水族館魚図鑑-メラネシアン・アンティアス(Pseudanthias huchtii)

メラネシアン・アンティアスは最大10cm以上に成長するナガハナダイ属の魚で、稀に観賞魚として飼育されることがあります。 メラネシアン・アンティアスについて! メラネシアン・アンティアスを展示している施設! メラネシアン・アンティアスと鳥羽水族館 …

水族館魚図鑑-ショートノーズガー(Lepisosteus platostomus)

ショートノーズガー はガー目の魚としては最小種で最大でも1mにもなりません。 日本では他のガーと同じように特定外来生物に指定されています。 ショートノーズガーについて! ショートノーズガーを展示している施設! ショートノーズガーと志摩マリンランド…

水族館魚図鑑-オーストラリアハイギョ(Neoceratodus forsteri)

オーストラリアハイギョはオーストラリアの限られた水系でのみ見られる魚で、ワシントン条約で野生個体の商取引が規制されています。 オーストラリアで養殖された個体が観賞魚として流通することがありますが、非常に高価です。 オーストラリアハイギョにつ…