2020-11-13から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-マツダイ(Lobotes surinamensis)

マツダイは体表が松の皮に似ていることが名前の由来となっています。 まとまった量が漁獲される魚ではありませんが食用としても利用されています。 マツダイについて! マツダイは最大90cmにも成長するスズキ目マツダイ科マツダイ属の魚です。 マツダイ科は…

水族館魚図鑑-ミナミハタタテダイ(Heniochus chrysostomus)

ミナミハタタテダイは観賞魚として飼育されることもあるハタタテダイの仲間です。 ミナミという名前がついていますが、南方だけではなく本州でも見られます。 ミナミハタタテダイについて! ミナミハタタテダイを展示している施設! ミナミハタタテダイと志…

水族館魚図鑑-レモンチョウチョウウオ(Chaetodon semeio)

レモンチョウチョウウオはレモンのような体色をしていることが由来と言われています。(多くのチョウチョウウオが同じような色をしている気がしますが…) 他のチョウチョウウオと同じように観賞魚として飼育されることがありますが、人気は高くないようです。(…

水族館魚図鑑-アヤメエビス(Sargocentron rubrum)

アヤメエビスはイットウダイ属の魚の中で最も多くの施設で展示されている魚です。(JAZA加入の施設のみカウント時) アヤメエビスについて! アヤメエビスを展示している施設! アヤメエビスとサンピアザ水族館 アヤメエビスと鳥羽水族館 アヤメエビスと東海大…

水族館魚図鑑-ホンベラ(Halichoeres tenuispinis)

ホンベラはオスとメスで見た目が異なるベラの仲間で、力を持っているオスが綺麗な色になります。 ホンベラについて! ホンベラを展示している施設! ホンベラと名古屋港水族館 ホンベラを展示している施設の一覧 ホンベラについて! ホンベラは体長15cm程度…