2020-11-11から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-セナスジベラ(Thalassoma hardwicke)

セナスジベラは背中に7つの筋があることが由来になっていると思われますが、英名では「Sixbar wrasse 」と6本の筋が由来になっています。 英語圏と日本で筋が由来になっているのが同じですが、本数が違う面白い魚です。 セナスジベラについて! セナスジベラ…

水族館魚図鑑-コガシラベラ(Thalassoma amblycephalum)

コガシラベラは他のベラと同じように成長に伴い見た目が変わる魚です。 観賞魚として飼育されることがあります。 コガシラベラについて! コガシラベラを展示している施設! コガシラベラと志摩マリンランド コガシラベラと東海大海洋博物館 コガシラベラを…

水族館魚図鑑-クロヘリイトヒキベラ(Cirrhilabrus cyanopleura)

クロヘリイトヒキベラは観賞魚としても流通している魚で、色彩に変異があるため今後は別種とされる可能性があります。 クロヘリイトヒキベラについて! クロヘリイトヒキベラを展示している施設! クロヘリイトヒキベラと志摩マリンランド クロヘリイトヒキ…

水族館魚図鑑-キツネベラ(Bodianus bilunulatus)

キツネベラは最大70cmにもなる大型のベラの仲間で、紅色の体色と口から覗く牙が特徴です。 大型に成長することもあり釣りの対象魚となることもあります。 キツネベラについて! キツネベラを展示している施設! キツネベラと東海大海洋博物館 キツネベラを展…

水族館魚図鑑-カマスベラ(Cheilio inermis)

カマスベラは名前の通りカマスのような細長い体型をしたベラの仲間で、ベラの中でも細長い種類です。 カマスベラについて! カマスベラを展示している施設! カマスベラと東海大海洋博物館 カマスベラについて! カマスベラは体長40cm近くまで成長するスズキ…