2020-11-04から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-アカメフグ(Takifugu chrysops)

標準和名がアカメフグという魚は1種類だけですが、ヒガンフグなど地方名でアカメフグと呼ばれているフグが多いので混同しないように注意が必要です。 卵巣・皮膚・内臓に毒がありますが、筋肉には毒がないため食用として利用されます。 アカメフグについて!…

水族館魚図鑑-ホシマダラハゼ(Ophiocara porocephala)

ホシマダラハゼは沖縄で「イーブー」と呼ばれている大型のハゼで釣りの対象魚として人気のある魚です。 ホシマダラハゼについて! ホシマダラハゼを展示している施設! ホシマダラハゼと名古屋港水族館 ホシマダラハゼを展示している施設の一覧 ホシマダラハ…

水族館魚図鑑-ボウズハゼ(Sicyopterus japonicus)

ボウズハゼは国内で最も一般的に見られるボウズハゼの仲間で、頭部が丸く藻類を主食としている事からボウズハゼと命名されました。 ボウズハゼについて! ボウズハゼを展示している施設! ボウズハゼと東山動物園 ボウズハゼを展示している施設の一覧 ボウズ…

水族館魚図鑑-ブルームーンボウズハゼ(Stiphodon semoni)

ブルームーンボウズハゼは東南アジアの一部に生息しているメタリックブルーの体色をしたハゼの仲間です。 綺麗な見た目から観賞魚としても流通しています。 ブルームーンボウズハゼについて! ブルームーンボウズハゼを展示している施設! ブルームーンボウ…

水族館魚図鑑-ハタタテシノビハゼ(Ctenogobiops tangaroai)

ハタタテシノビハゼは背鰭を立てている綺麗なハゼの仲間で、テッポウエビと共生することからダイバーにも人気のある魚のようです。 ハタタテシノビハゼについて! ハタタテシノビハゼを展示している施設! ハタタテシノビハゼと志摩マリンランド ハタタテシ…