2020-11-02から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-タスキヒナハゼ(Redigobius balteaus)

タスキヒナハゼは汽水域のマングローブ等に生息している小型のハゼで、白と黒のパンダみたいな見た目をしています。 タスキヒナハゼについて! タスキヒナハゼを展示している施設! タスキヒナハゼと名古屋港水族館 タスキヒナハゼについて! タスキヒナハゼ…

水族館魚図鑑-オヨギイソハゼ(Eviota bifasciata)

オヨギイソハゼは観賞魚としても流通している2cm程度の小さなハゼの仲間です。 見た目がハゼっぽくない変わった魚です。 オヨギイソハゼについて! オヨギイソハゼを展示している施設! オヨギイソハゼと名古屋港水族館 オヨギイソハゼを展示している施設の…

水族館魚図鑑-オトメハゼ(Valenciennea puellaris)

オトメハゼは綺麗な見た目をしたハゼの仲間で、砂ごと頬張って砂の中の餌だけを食べて残りを鰓から吐き出す習性があります。 綺麗な見た目をしていることから観賞魚として流通することがあります。 オトメハゼについて! オトメハゼを展示している施設! オ…

水族館魚図鑑-オグロクロユリハゼ(Ptereleotris heteroptera)

オグロクロユリハゼは尾鰭の黒色の斑点が特徴で、他のクロユリハゼ属の魚と同じようにハゼの仲間の中では遊泳力が高いです。 オグロクロユリハゼについて! オグロクロユリハゼを展示している施設! オグロクロユリハゼとサンピアザ水族館 オグロクロユリハ…

水族館魚図鑑-オーロラゴビー(Amblyeleotris aurora)

オーロラゴビーはオーロラシュリンプゴビーと呼ばれることもある共生ハゼで、インド洋西部に生息しています。 綺麗な見た目から野外個体が観賞魚としても流通しています。 ※この記事中ではオーロラゴビーで統一しています。 オーロラゴビーについて! オーロ…

水族館魚図鑑-オイランハゼ(Cryptocentrus melanopus)

オイランハゼはイトヒキハゼ属の仲間で、発色が良い個体は非常に綺麗な見た目をしたハゼの仲間です。 テッポウエビの仲間と共生することでも知られています。 オイランハゼについて! オイランハゼを展示している施設! オイランハゼと名古屋港水族館 オイラ…

水族館魚図鑑-ウキゴリ(Gymnogobius urotaenia)

ウキゴリはハゼ科ウキゴリ属の魚で、河川で孵化した稚魚は海に降りて成長すると河川を遡上することで知られています。 そのため、陸で続いていない離島などでも見られる種類となっています。 ウキゴリについて! ウキゴリを展示している施設! ウキゴリと千…

水族館魚図鑑-イトマンクロユリハゼ(Ptereleotris microlepis)

イトマンクロユリハゼは細長い体型をしたハゼの仲間で、海底付近でホバリングしている姿を見ることができます。 名前は沖縄の糸満市が由来でしょうか?(国内では伊豆半島等でも見ることができます。) イトマンクロユリハゼについて! イトマンクロユリハゼを…

水族館魚図鑑-アオギハゼ(Trimma caudomaculatum)

アオギハゼはサカサナマズのように逆さまになって泳ぐハゼの仲間で、ユニークな泳ぎ方から観賞魚として流通することがあります。 アオギハゼについて! アオギハゼを展示している施設! アオギハゼとヨコハマおもしろ水族館 アオギハゼを展示している施設の…

水族館魚図鑑-インコハゼ(Exyrias puntang)

インコハゼは和名の由来は良く分かっていないハゼで、奄美大島以南のマングローブ等の汽水域に生息しています。 インコハゼについて! インコハゼを展示している施設! インコハゼと名古屋港水族館 インコハゼを展示している施設の一覧 インコハゼについて!…