2020-10-28から1日間の記事一覧

サンピアザ水族館のレビュー! おすすめの展示も!

サンピアザ水族館は新さっぽろ駅とほぼ直通の位置にあり、立地は非常に良い水族館です。 規模としては小さな水族館ですが、サメやエイ、アザラシ、ペンギンという人気の生き物たちを見ることができる施設となっています。 サンピアザ水族館の基本情報 サンピ…

水族館魚図鑑-スカンクアネモネフィッシュ(Amphiprion akallopisos)

スカンクアネモネフィッシュは動物のスカンクと同じように背側に白色の線があるのが特徴です。 スカンクアネモネフィッシュについて! スカンクアネモネフィッシュを展示している施設! スカンクアネモネフィッシュと東海大海洋博物館 スカンクアネモネフィ…

水族館魚図鑑-ワイドバンドアネモネフィッシュ(Amphiprion latezonatus)

ワイドバンドアネモネフィッシュは名前の通り、他の種類と比べて幅広い白色の横帯を持つクマノミです。 本種は東部オーストラリア、ニューカレドニアの限られた海域に生息しています。 ワイドバンドアネモネフィッシュについて! ワイドバンドアネモネフィッ…

水族館魚図鑑-レッドアンドブラックアネモネフィッシュ(Amphiprion melanopus)

レッドアンドブラックアネモネフィッシュは赤と黒のツートンカラーのクマノミです。 国内で展示している施設は少なく、JAZA加入の施設では東海大海洋博物館でのみ展示されています。 レッドアンドブラックアネモネフィッシュについて! レッドアンドブラック…

水族館魚図鑑-モルディブアネモネフィッシュ(Amphiprion nigripes)

モルディブアネモネフィッシュは名前の通りモルディブ諸島、スリランカ周辺に生息しているクマノミの仲間です。 外見は国内で見られるハマクマノミに似ていますが、外見上の違いで見分けることができます。 モルディブアネモネフィッシュについて! モルディ…

水族館魚図鑑-マックローキーズアネモネフィッシュ(Amphiprion mccullochi)

マックローキーズアネモネフィッシュはオーストラリア大陸とニュージーランドの中間付近にあるロードハウ島に生息しているクマノミの仲間です。 白色と黒色のツートンカラーが特徴です。 マックローキーズアネモネフィッシュについて! マックローキーズアネ…

水族館魚図鑑-バリアリーフアネモネフィッシュ(Amphiprion akindynos)

バリアリーフアネモネフィッシュはグレートバリアリーフ~ニューカレドニアに生息しているクマノミで、2本の横帯と白い尾鰭が特徴の種類です。 日本の水族館ではほとんど展示されていませんが、東海大海洋博物館で見ることができます。 バリアリーフアネモネ…

水族館魚図鑑-ティレズアネモネフィッシュ(Amphiprion thiellei)

ティレズアネモネフィッシュは中西部太平洋に生息しているクマノミで、30年ほど前から雑種である可能性があるとされています。 オレンジフィンアネモネフィッシュ×セジロクマノミ、カクレクマノミ×セジロクマノミの雑種である可能性が高いようです。 ティレ…