2020-10-10から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-モヨウモンガラドオシ(Myrichthys maculosus)

モヨウモンガラドオシはウナギ目ウミヘビ科の魚で、黄色に黒色の斑点が特徴的な魚です。 ユニークな見た目から観賞魚として流通することがあります。 モヨウモンガラドオシについて! モヨウモンガラドオシを展示している施設! モヨウモンガラドウシと小樽…

水族館魚図鑑-グリーンモレイ(Gymnothorax funebris)

グリーンモレイ(Green moray )という名前の通り、緑がかった体色をしたウツボの仲間です。 日本の近くには生息していない種類で、展示している水族館は少ないです。(しながわ水族館、市立室蘭水族館) グリーンモレイについて! グリーンモレイを展示している…

水族館魚図鑑-サビウツボ(Gymnothorax thyrsoideus)

サビウツボはウツボの中でも小型の種類で、鉄が錆びたような体色が特徴ですが、体色よりも目の虹鮮が白色であることが印象的な種類です。 小型のウツボで展示しやすいためか多くの施設で展示されているウツボです。 サビウツボについて! サビウツボを展示し…

水族館魚図鑑-オオモンカエルアンコウ(Antennarius commersoni)

オオモンカエルアンコウは大型のカエルアンコウの仲間で、観賞魚として流通することもあります。 他のカエルアンコウの仲間と同じように個体により大きく色彩が異なります。 オオモンカエルアンコウについて! オオモンカエルアンコウを展示している施設! …

水族館魚図鑑-チャイロマルハタ(Epinephelus coioides)

チャイロマルハタは名前の通り、茶色の小さな斑点が身体中にあるハタの仲間です。 熱帯域・亜熱帯域に生息しているため国内では鹿児島県、沖縄県などで主に漁獲されています。 チャイロマルハタについて! チャイロマルハタを展示している水族館! チャイロ…

水族館魚図鑑-メガネカスベ(Raja pulchra)

メガネカスベは1対の斑紋があり、これがメガネのように見えることが名前の由来になっています。 かすべとは「魚のカスのような」が由来になっており、冷蔵技術が発達していなかった昔は煮ても焼いても美味しくなかったことから付けられたようです。 メガネカ…

水族館魚図鑑-トラフグ(Takifugu rubripes)

トラフグはフグの王様とも呼ばれるフグの仲間で、天然物は特に高価で取引されます。(養殖と5~6倍の値がつくこともあるようです) 養殖も盛んに行われており、温泉水で育てることで毒を持たないトラフグを育てている地域もあります。(2008年には栃木県那賀川…