2020-09-19から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-ホウキハタ(Epinephelus morrhua)

ホウキハタは名前の由来は不明ですが、ホウキを掃いたような模様が由来だと言われています。 ハタの仲間では特別大型に成長する種類ではありませんが、特徴的な模様をしているので水族館で展示されることもあります。 ホウキハタについて! ホウキハタを展示…

水族館魚図鑑-フエダイ(Lutjanus stellatus)

フエダイは英語で「Star snapper 」と呼ばれているように、体側に白色の斑点があるのが特徴のフエダイの仲間です。 やや大型に成長することから釣りの対象魚とされることもあります。 沖縄ではイクナーと呼ばれています。 フエダイについて! フエダイを展示…

水族館魚図鑑-テンス(Iniistius dea)

テンスは背側に黒色の斑点があることで「点魚(てんす)」となったようです。 食用としても利用されている魚で柔らかい身質で煮つけなどで調理されます。 テンスについて! テンスを展示している水族館! テンスと京急油壺マリンパーク テンスを展示している水…

すみだ水族館のクラゲ展示について紹介します! オススメの種類の紹介も!

すみだ水族館は東京スカイツリータウン内にある水族館で年間100万人を超える入館者を誇る人気の水族館です。 すみだ水族館と言えばペンギンとクラゲ、イルミネーションが目玉の展示となっており、今回はそのうちの一つクラゲについて紹介していきます。 すみ…

水族館魚図鑑-アカハラヤッコ(Centropyge ferrugata)

アカハラヤッコは赤色の体色と瑠璃色の鰭を持つ小型のキンチャクダイの仲間で、観賞魚として流通することがあります。 良く見ると綺麗な見た目をしていますが、展示している施設は意外と少ないです。 アカハラヤッコについて! アカハラヤッコを展示している…

水族館魚図鑑-フレンチグラント(Haemulon flavolineatum)

フレンチグラントはカリブ海、メキシコ湾とその周辺の西部大西洋に生息している小型のイサキで食用として利用されています。 フレンチグラントについて! フレンチグラントを展示している水族館! フレンチグラントと葛西臨海水族園 フレンチグラントについ…

水族館魚図鑑-カンムリベラ(Coris aygula)

カンムリベラはベラ科カンムリベラ属の魚で、カンムリベラ属20種類以上の中で最も大きくなる種類です。 成長に伴い見た目が変化することでも知られており、水族館や観賞魚として飼育されることもあります。 カンムリベラについて! カンムリベラを展示してい…