2020-09-18から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-ゲンロクダイ(Roa modesta)

ゲンロクダイは深場に生息することも多いチョウチョウウオの仲間で、低温にも強いことから日本海で見られる唯一のチョウチョウウオです。 ゲンロクダイについて! ゲンロクダイを展示している水族館! ゲンロクダイと京急油壺マリンパーク ゲンロクダイを展…

水族館魚図鑑-キュウセン(Parajulis poecilopterus)

キュウセンはベラの仲間で砂で眠る事で有名ですが、ベラの仲間は本種以外にも砂に潜る種類は多いです。 キュウセンが分類されているキュウセン属は本種のみが確認されています。 キュウセンについて! キュウセンを展示している水族館! キュウセンと葛西臨…

水族館魚図鑑-ジェンツーペンギン(Pygoscelis papua)

ジェンツーペンギンは南極周辺の海域に生息しているペンギンで、目の後ろに白色の模様があるのが特徴です。 大きなイメージはあまりありませんが、ペンギンの仲間の中で3番目に大きくなる種類です。 ジェンツーペンギンについて! ジェンツーペンギンを展示…

鳥図鑑-オウサマペンギン(Aptenodytes patagonicus)

オウサマペンギンはペンギンの仲間で2番目に大きくなる種類で、やや暑さへの耐性があるため、動物園で飼育していることもあります。 体が大きく俊敏には動けないイメージがあるかもしれませんが、繁殖期以外は外洋で生活しており300m以上の潜水を行った記録…

水族館魚図鑑-ポリプテルス・セネガルス(Polypterus senegalus)

ポリプテルス・セネガルスはポリプテルスの仲間の中でも小型種で流通量が多く観賞魚として人気の高い種類です。 性格は温和で他の大型魚と混泳されることもあります。 ポリプテルス・セネガルスについて! ポリプテルス・セネガルスを展示している水族館! …