2020-09-07から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-シラコダイ(Chaetodon nippon)

シラコダイは日本の本州沿岸でも見ることができるチョウチョウウオの仲間で、他のチョウチョウウオよりも低温の水温で生活できることから、本州の沿岸でも繁殖できるようです。 シラコダイについて! シラコダイを展示している水族館! シラコダイと葛西臨海…

水族館魚図鑑-レインフォーズバタフライフィッシュ

レインフォーズバタフライフィッシュはオーストラリアの一部に生息するチョウチョウウオの仲間です。 展示している水族館は少なく、葛西臨海水族園と名古屋港水族館のみとなっています。(2020年9月時点) レインフォーズバタフライフィッシュについて! レイ…

水族館魚図鑑-レッドシーバナーフィッシュ(Heniochus intermedius)

レッドシーバナーフィッシュはレッドシー(紅海)という名前の通り、紅海~アデン湾で見られるハタタテダイの仲間で、国内では稀に観賞魚として流通することがあります。 レッドシーバナーフィッシュについて! レッドシーバナーフィッシュを展示している水族…

水族館魚図鑑-ペインテッドコンバー(Serranus scriba)

ペインテッドコンバーは腹部に落書きしたような青色の模様が特徴の魚です。 ペインテッドコンバーについて! ペインテッドコンバーを展示している水族館! ペインテッドコンバーと葛西臨海水族園 ペインテッドコンバーについて! ペインテッドコンバーは30cm…

水族館魚図鑑-イエローゴートフィッシュ

イエローゴートフィッシュはアカヒメジの仲間で、ヒメジの仲間でも遊泳力の高い魚です。 ゴートフィッシュとはヒメジの仲間の英語での呼び方で、ヒメジの顎の下にあるヒゲが山羊のヒゲのように見えることが由来となっています。 イエローゴートフィッシュに…

水族館魚図鑑-ブロッチトピカレル(Spicara maena)

ブロッチトピカレルは魔法の言葉のような名前ですが英名の「Blotched picarel 」をそのまま読んだものとなっています。 「Blotched」とは しみがある という意味で、その名の通り体の中央部に黒色の大きな斑点があります。 ブロッチトピカレルについて! ブ…

水族館魚図鑑-チューブスナウト(Aulorhynchus flavidus)

チューブスナウトは北アメリカ大陸太平洋側に生息しているトゲウオの仲間で、細長い体が特徴の魚です。 チューブスナウトについて! チューブスナウトを展示している水族館! チューブスナウトと葛西臨海水族園 チューブスナウトについて! チューブスナウト…

水族館魚図鑑-アオサハギ(Brachaluteres ulvarum)

アオサハギは東京~長崎の太平洋側で見られ、成魚は綺麗な青色になります。(成魚を見る機会は意外と少ないようです) アオサハギについて! アオサハギを展示している水族館! アオサハギと葛西臨海水族園 アオサハギを展示している水族館の一覧 アオサハギに…

水族館魚図鑑-フチドリカワハギ(Acreichthys tomentosus)

フチドリカワハギは国内では琉球列島以南で見られるフチドリカワハギ属の魚で、フチドリカワハギ属は本種以外にトゲカワハギ、スダレカワハギを見ることができます。 フチドリカワハギについて! フチドリカワハギを展示している水族館! フチドリカワハギと…

水族館魚図鑑-ジャイアントホークフィッシュ(Cirrhitus rivulatus)

ジャイアントホークフィッシュは10cm前後の種類が多いゴンベ科の中で60cmを超えるゴンベ科の最大種です。 国内の水族館のうち葛西臨海水族園と大阪海遊館に展示されています。 ジャイアントホークフィッシュについて! ジャイアントホークフィッシュを展示し…

水族館魚図鑑-サーカスティックフリンジヘッド(Neoclinus blanchardi)

サーカスティックフリンジヘッドはカリフォルニア~バハカリフォルニアに生息しているイソギンポの仲間で、葛西臨海水族園でのみ展示されています。 大きな口を開けて威嚇する姿で有名な魚です。 サーカスティックフリンジヘッドについて! サーカスティック…

水族館魚図鑑-イボダイ(Psenopsis anomala)

イボダイはエボダイ、モチノウオ、メダイなどと呼ばれることもある魚で、夏が旬の魚で食用として流通しています。 小さい稚魚はクラゲの触手の近くで生活することにより身を守ります。 イボダイについて! イボダイを展示している水族館! イボダイと葛西臨…

水族館魚図鑑-トサカギンポ(Omobranchus fasciolatoceps)

トサカギンポは頭部にニワトリのようなトサカを持つギンポの仲間で、ナベカ属に分類されています。 トサカギンポについて! トサカギンポを展示している水族館! トサカギンポと葛西臨海水族園 トサカギンポを展示している水族館の一覧 トサカギンポについて…

水族館魚図鑑-タカベ(Labracoglossa argentiventris)

タカベは夏の魚として知られており、6月~8月が旬と言われており高値で取引されています。 ウメイロに似ていますが、ウメイロは40cm近くに成長し、ウメイロの背鰭、背鰭は黄色くならないことで見分けることができます。 タカベについて! タカベを展示してい…

水族館魚図鑑-ホンソメワケベラ(Labroides dimidiatus)

ホンソメワケベラと言えば、魚に詳しくない方にも知名度の高い魚で多くの水族館で展示されています。(私が小学生の頃は教科書にも載っていました。) ホンソメワケベラは「ホソソメワケベラ」という名前になるはずでしたが、「ン」と「ソ」の読み違いによりホ…