2020-09-06から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-ブルームテールラス(Cheilinus lunulatus)

ブルームテールラスは地中海、オマーン湾に生息しているナポレオンフィッシュと同じモチノウオ属の魚です。 地中海に生息しているため、国内で見られる水族館は葛西臨海水族園のみとなっています。 ブルームテールラスについて! ブルームテールラスを展示し…

水族館魚図鑑-ピーコックラス(Symphodus tinca)

ピーコックラスは地中海などに生息しているベラの仲間で、葛西臨海水族園でのみ展示されている魚です。(2020年9月時点) ピーコックとは「peacock」=クジャク という意味で、メスは地味な色をしていますが、オスは非常に綺麗な見た目をしています。 ピーコッ…

水族館魚図鑑-ニセモチノウオ(Pseudocheilinus hexataenia)

ニセモチノウオは綺麗な見た目から観賞魚として利用されることもあるベラの仲間ですが、気性が荒く混泳には注意が必要だと言われています。(水族館では他の小型魚と一緒に展示されていますが、小型のベラは展示されいないので同じような見た目の魚には反応す…

水族館魚図鑑-タヌキベラ(Bodianus izuensis)

タヌキベラは日本では伊豆~高知の狭い範囲で見られ、学名は「Bodianus izuensis 」と伊豆が入っています。 しかし、オーストラリ等でも見られることが分かっているので、伊豆でしか見られない訳ではありません…(学名あるあるです) タヌキベラについて! タ…

水族館魚図鑑-セニョリータ(Oxyjulis californica)

セニョリータとはスペイン語・ポルトガル語で未婚女性を呼びかける際の言葉で、漫画や映画で聞いたことがある方も多いかと思います。 何故、セニョリータという名前が付けられたのかは不明ですが、そんな変わった名前のベラの仲間を紹介していきます。 セニ…

水族館魚図鑑-スミツキベラ(Bodianus axillaris)

スミツキベラは体にある黒色の斑点が由来になっています。 他にもスミツキ○○という標準和名の魚は多くおり、他の種類も似たような黒色の斑点が由来になっています。 スミツキベラについて! スミツキベラを展示している水族館! スミツキベラとマリンワール…

水族館魚図鑑-カリフォルニアシープヘッド(Semicossyphus pulcher)

カリフォルニアシープヘッドは名前の通り、カリフォルニア湾、メキシコ湾等で見られる大型のベラの仲間で「カリフォルニアヒツジベラ」、「カリフォルニアキツネベラ」と呼ばれることもあります。 カリフォルニアシープヘッドについて! カリフォルニアシー…

水族館魚図鑑-カミナリベラ(Stethojulis interrupta terina)

カミナリベラは南日本で見られるベラの仲間で、頬に青色の筋が入るのが特徴です。 オスとメスで見た目が異なるため、オスは別種と考えられ「ニジベラ」と呼ばれている時期もありました。 カミナリベラについて! カミナリベラを展示している水族館! カミナ…