2020-06-11から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-ミノカサゴ(Pterois lunulata)

ミノカサゴは毒魚としても有名な魚で、刺されると激しい痛み・めまい・吐き気を起こすこともあります。 派手な見た目から水族館で見る機会も多いですが、見た目の似ているハナミノカサゴに比べると展示している施設はやや少なめです。(それでも全国で30ヵ所…

水族館魚図鑑-ホッケ(Pleurogrammus azonus)

ホッケと言えば干物のイメージが強いと思いますが、生きている姿を見る機会は少ないと思います。 しかし、実はホッケの干物として売られているのはほとんどがキタノホッケという別種です。(ロシアなどから大量に輸入されています) ホッケについて! ホッケを…

水族館魚図鑑-キアンコウ(Lophius litulon)

標準和名ではキアンコウという名前ですが、一般的にアンコウと言えば本種のことを指します。 「アンコウ」または「ホンアンコウ」と呼ばれることが多いです。(標準和名アンコウという種類は別にいますが、そちらはクツアンコウとも呼ばれています。) キアン…