2020-06-09から1日間の記事一覧

水族館魚図鑑-タヌキメバル(Sebastes zonatus)

タヌキメバルは大型のメバルの仲間で、タヌキメバルという名前の由来は詳しく分かっていないようです。 同じく動物名を付けられているキツネメバルという似ている種類もいます。 タヌキメバルについて! タヌキメバルを展示している水族館! タヌキメバルに…

水族館魚図鑑-フライングガーナード(Dactylopterus volitans)

フライングガーナードは大きな翼のように発達した胸鰭を持つセミホウボウの仲間です。 フライングガーナードについて! フライングガーナードを展示している水族館! フライングガーナードについて! フライングガーナードは50cmにまで成長するスズキ目セミ…

水族館魚図鑑-シマゾイ(Sebastes trivittatus)

シマゾイはキゾイと呼ばれることもあるように、黄色っぽい体色と名前の由来にもなっている茶色~黒の縞模様が特徴の魚です。 シマゾイについて! シマゾイを展示している水族館! シマゾイについて! シマゾイは30cm程度になるスズキ目メバル科メバル属の魚…

水族館魚図鑑-サツマカサゴ(Scorpaenopsis neglecta)

サツマカサゴはやや小型のカサゴの仲間で体高が高く背鰭には毒を持つとされています。 毒を持っていますが、食用として利用されており美味しい魚なようです。 サツマカサゴについて! サツマカサゴを展示している水族館! サツマカサゴについて! サツマカサ…

水族館魚図鑑-キホウボウ(Peristedion orientale)

キホウボウは深い水深に生息するホウボウの仲間で名前の通り黄色っぽいスリムなホウボウです。 キホウボウについて! キホウボウを展示している水族館! キホウボウについて! キホウボウは20cm程度まで成長するスズキ目キホウボウ科キホウボウ属の魚です。 …

水族館魚図鑑-エゾメバル(Sebastes taczanowskii)

エゾメバルはガヤと呼ばれることも多いメバル科の魚です。 ガヤはがやがやとたくさん漁獲できることが由来のようですが、近年は漁獲量が減少しています。 エゾメバルについて! エゾメバルを展示している水族館! エゾメバルについて! エゾメバルは25cm程度…