水族館魚図鑑-オヤビッチャ(Abudefduf vaigiensis)

オヤビッチャは本州では最も一般的に見られるスズメダイのうちの1種です。(千葉県以南に生息しています) 一部地域では食用として利用されています。 オヤビッチャについて! オヤビッチャを展示している水族館! オヤビッチャについて! オヤビッチャは約20c…

水族館魚図鑑-アオバスズメダイ(Chromis atripectoralis)

アオバスズメダイはデバスズメダイに似ており、混在している場合も多い種類です。 水族館でもデバスズメダイと混ざって展示されている場合もあるので是非探してみてください。 アオバスズメダイについて! アオバスズメダイを展示している水族館! アオバス…

水族館魚図鑑-ヨスジフエダイ(Lutjanus kasmira)

ヨスジフエダイは名前の通り、四本の線が入っているのが特徴の魚です。 大きな群れを作る魚なので、多くの水族館で展示されています。(1匹1匹は大きくないですが、群れを作るので大きな水槽で展示されることが多いです。) ヨスジフエダイについて! ヨスジフ…

水族館魚図鑑-ヒメフエダイ(Lutjanus gibbus)

ヒメフエダイはインド洋~中部太平洋に生息するフエダイの仲間で、国内では相模湾や鹿児島以南で見ることができるようです。 食用として利用されており、美味しい魚のようですが大型の個体は地域によってシガテラ毒を持つ個体も確認されているようです。(東…

水族館魚図鑑-センネンダイ(Lutjanus sebae)

センネンダイは最大90cmにもなる大型のフエダイの仲間で、 「千年に一度しか見れないほど珍しい」というのが由来になっていると言われています。 これは本土で漁獲できるのが稀であることが由来になっているのかもしれません。(熱帯域の魚ですが、本州や四国…

水族館魚図鑑-イレズミフエダイ(Symphorichthys spilurus)

イレズミフエダイは国内では琉球列島等で見ることができるフエダイの仲間です。 名前の由来はイレズミのような模様という意味でしょうか? イレズミフエダイについて! イレズミフエダイを展示している水族館! イレズミフエダイについて! イレズミフエダイ…

水族館魚図鑑-アミメフエダイ(Lutjanus decussatus)

アミメフエダイは名前のとおり、網目状の模様があるフエダイです。 国内では主に沖縄以南で見られますが、局地的に分布しておるとされています。 沖縄では、他のフエダイとごっちゃ混ぜでビタローと呼ばれているようです。 アミメフエダイについて! アミメ…

水族館魚図鑑-シンカイウリクラゲ(Beroe abyssicola)

シンカイウリクラゲは光るクラゲとして知っている方もいらっしゃるかもしれません。 形は全くクラゲには見えませんが、ちゃんとクラゲの仲間です! シンカイウリクラゲについて! シンカイウリクラゲを展示している水族館! シンカイウリクラゲについて! シ…

水族館魚図鑑-シロクラゲ(Eutonina indicans)

シロクラゲは傘の大きさが1cmほどの小型のクラゲです。 国内では東北以北で見ることができ、冷たい海域でみることができる種類です。 シロクラゲについて! シロクラゲを展示している水族館! シロクラゲについて! シロクラゲは傘の大きさが直径1cmほどの小…

水族館魚図鑑-サムクラゲ(Phacellophora camtschatica)

サムクラゲは目玉焼きのようなクラゲとして展示されていることが多いクラゲです。 展示している水族館はあまり多くないので、観察できるタイミングで観察しておきましょう! サムクラゲについて! サムクラゲを展示している水族館! サムクラゲについて! サ…

水族館魚図鑑-サカサクラゲ(Cassiopea ornata)

サカサクラゲは名前の通り、ほとんどの時間を底部で逆さになってじっとしていることが由来となっています。 クラゲの中でも人気の高い種類で、観賞魚としても流通しています。 サカサクラゲについて! サカサクラゲを展示している水族館! サカサクラゲにつ…

水族館魚図鑑-ギヤマンクラゲ(Tima formosa)

ギヤマンクラゲは関東以北に生息するクラゲで、春~初夏によく見ることができるようです。 ギヤマンクラゲについて! ギヤマンクラゲを展示している水族館! ギヤマンクラゲについて! ギヤマンクラゲは傘の大きさ5cm程のマツバクラゲ科の種類です。 傘の下…

水族館魚図鑑-カラージェリーフィッシュ(Catostylus mosaicus)

カラージェリーフィッシュは別名ブルーベリーフィッシュとも呼ばれる様々な色の個体がいるクラゲです。 カラーバリエーションが豊富なことから観賞用や水族館での飼育がおこなわれている種類です。 カラージェリーフィッシュについて! カラージェリーフィッ…

水族館魚図鑑-アマガサクラゲ(Parumbrosa polylobata)

アマガサクラゲは 国内の一部地域の100m以深に生息しているミズクラゲの種類です。 珍しいクラゲで展示している水族館が珍しい種類です。 アマガサクラゲについて! アマガサクラゲを展示している水族館! アマガサクラゲについて! アマガサクラゲは最大で2…

水族館魚図鑑-アカクラゲ(Chrysaora pacifica、Chrysaora melanaster)

アカクラゲは北海道以南で一般的に見られるオキクラゲ科の種類になります。 有毒な種類で、刺されると激しく痛むようです… アカクラゲについて! アカクラゲを展示している水族館! アカクラゲについて! アカクラゲは最大で傘の大きさ直径15cm程度にもなる…

水族館魚図鑑-ショウサイフグ(Takifugu synderi)

ショウサイフグ(潮騒河豚)は国内の多くの場所で見ることができる一般的な種類です。 トラフグに比べると安価で流通しており、昔から食べられていたようです。 ショウサイフグについて! ショウサイフグを展示している水族館! ショウサイフグについて! ショ…

水族館魚図鑑-シマキンチャクフグ(Canthigaster valentini)

シマキンチャクフグは10cm程度の小型のフグ目フグ科キタマクラ属の魚です。 綺麗な見た目から観賞用として流通することがあります。 小型で身体に毒を持っているため、食用としては利用されません。 シマキンチャクフグについて! シマキンチャクフグを展示…

水族館魚図鑑-マンボウ(Mola mola)

マンボウは特徴的な形から知名度の高いフグ目マンボウ科マンボウ属の魚です。 マンボウ属の魚は「マンボウ」、「ウシマンボウ」、「カクレマンボウ」の3種類がいます。 大洗水族館にはマンボウとウシマンボウの大きさ比較の展示物があります。(左側がウシマ…

水族館魚図鑑-ピラルク(Arapaima gigas)

今回紹介する魚は南米に生息する世界最大の淡水魚としても知名度の高いピラルクについてです!(日本では一般的にピラルクと呼ばれますが、アラパイマやパイチェと呼ばれることもあります。) ※現在ではメコンオオナマズや淡水エイの仲間が世界最大の淡水魚と…

水族館魚図鑑-ハナカケトラザメ(Scyliorhinus canicula)

今回紹介するハナカケトラザメは別名、スモールスポッテッドキャットシャークとも呼ばれているトラザメの仲間です。 大西洋北東部の海域と地中海まで見ることができ、数m~400mまで幅広い水深で見ることができる種類になります。 ハナカケトラザメについて!…

水族館魚図鑑-サンゴトラザメ(Atelomycterus marmoratus)

サンゴトラザメはインド洋〜西部太平洋のサンゴ礁に生息しており、家庭でも飼育されるほど飼育しやすい種類です。 広範囲に分布している種類ですが、生息環境の破壊により生息環境が失われており、IUCNに絶滅危惧とされています。 サンゴトラザメについて! …

水族館魚図鑑-メイタイシガキフグ(Cyclichthys orbicularis)

メイタイシガキフグはハリセンボン科メイタイシガキフグ属の種類です。 ハリセンボン(針千本)という名前ですが、針の数は約350本くらいで千本もないと言われています。 メイタイシガキフグについて! メイタイシガキフグを展示している水族館! メイタイシガ…

水族館魚図鑑-アカモンガラ(Odonus niger)

アカモンガラはモンガラカワハギ科の種類で、唯一のアカモンガラ属の魚です。 沖縄では、ドラキュラやカーハジャーとも呼ばれています。 アカモンガラについて! アカモンガラを展示している水族館! アカモンガラについて! アカモンガラは最大50cmにもなる…

水族館魚図鑑-ネックレスカーペットシャーク(Parascyllium variolatum)

ネックレスカーペットシャークは南部オーストラリアの限られた地域に生息するテンジクザメの仲間です。 首元に名前の由来となっている特徴的な模様があります。 ネックレスカーペットシャークについて! ネックレスカーペットシャークを展示している水族館!…

水族館魚図鑑-レモンザメ(Negaprion acutidens)

今回紹介するレモンザメはインド洋〜太平洋に生息するメジロザメの仲間です。 体色が黄色であることがレモンザメという名前の由来となっています。 レモンザメについて! レモンザメを展示している水族館! レモンザメについて! レモンザメは最大で3.6m程度…

水族館魚図鑑-ブラウンシャイシャーク(Haploblepharus fuscus)

ブラウンシャイシャークは南アフリカ共和国の東南部沿岸に生息しているトラザメの仲間です。 名前の由来は危険を察知すると頭を守るように丸くなることから来ています。 ブラウンシャイシャークについて! ブラウンシャイシャークを展示している水族館! ブ…

水族館魚図鑑-コモンサカタザメ(Rhinobatos hynnicephalus)

コモンサカタザメは名前を聞くとサメの仲間であると思う方も多いかもしれませんが、ガンギエイ目の種類でエイの仲間です。 コモンは漢字で書くと「小紋」となり、身体にある小さな斑紋が由来となっています。 コモンサカタザメについて! コモンサカタザメを…

水族館魚図鑑-カワハギ(Stephanolepis cirrhifer)

カワハギは日本でも良く見られるカワハギの仲間で、食用としても一般的に流通しています。 皮を簡単に剥げる事がカワハギの由来となっています。 カワハギについて! カワハギを展示している水族館! カワハギについて! カワハギは30cm程度にまで成長するカ…

水族館魚図鑑-ネコザメ目(Heterodontiformes)の9種類一覧と特徴について!

ネコザメ目は1科1属9種の現生種を含む目です。 このうち、国内の水族館で見ることができる種類は5種類となっています。 ネコザメは独特の形状で人気の高いサメの仲間で、多くの水族館で見ることができますが、国外に生息しているネコザメも紹介していきます…

水族館魚図鑑-ポートジャクソンシャーク(Heterodontus portusjacksoni)

今回紹介するポートジャクソンシャークはオーストラリアの沿岸に住むネコザメの仲間です。 ポートジャクソンネコザメと呼ばれることも オーストラリア周辺には2種類のネコザメがいますが、その中でも広範囲で見ることができる種類です。 www.gogo-zoo-aquari…