水族館魚図鑑-ゴールデンプリステラ(品種改良種)

ゴールデンプリステラはプリステラを品種改良した種類で、丈夫で飼育しやすい事から観賞魚としても人気のある魚です。 ゴールデンプリステラについて! ゴールデンプリステラを展示している施設! ゴールデンプリステラと千歳水族館 ゴールデンプリステラに…

水族館魚図鑑-ゴールデンテトラ(Hemigrammus rodwayi)

ゴールデンテトラは南米大陸のガイアナやスリナム、ギアナ、アマゾン川流域などの河川や塩分濃度の薄い汽水域でも見られます。 体側がメタリックな輝きをしており、観賞魚として飼育されることもあります。 ゴールデンテトラについて! ゴールデンテトラを展…

水族館魚図鑑-ソウハチ(Hippoglossoides pinetorum)

ソウハチは国内では東北以北の太平洋側、日本海~オホーツク海で見られるカレイの仲間で、底引き網等で漁獲されたものは干物に加工されることが多いようです。 ソウハチについて! ソウハチを展示している施設! ソウハチと小樽水族館 ソウハチと市立室蘭水…

水族館魚図鑑-スナガレイ(Pleuronectes punctatissimus)

スナガレイは国内でも主に北海道や東北、北部日本海に生息しているカレイの仲間で、浅場に生息しています。 産地では一年中漁獲される魚ですが、身が薄い事もあり安い価格で流通しているようです。 スナガレイについて! スナガレイを展示している施設! ス…

水族館魚図鑑-ブルーテトラ(Mimagoniates microlepis)

ブルーテトラはネオンテトラのような明るい青色ではありませんが、上品な青色の体色をしたカラシンの仲間です。 上品な見た目からは想像できませんが、縄張り意識を持つ攻撃的な魚なので混泳させる魚には注意が必要です。 ブルーテトラについて! ブルーテト…

水族館魚図鑑-ブラインドケーブ・カラシン(Astyanax jordani)

ブラインドケーブ・カラシンはメキシコ北東部の洞窟に生息しているカラシンの仲間で、観賞魚として飼育されることもあります。 ブラインドケーブ・カラシンについて! ブラインドケーブ・カラシンを展示している施設! ブラインドケーブ・カラシンとサンピア…

水族館魚図鑑-ピンクテールカラシン(Chalceus macrolepidotus)

ピンクテールカラシンは大きく成長した個体の尾鰭がピンクや赤色になるのが特徴の魚で、観賞魚として飼育されることもあります。 大きな鱗が古代魚のようでカッコイイです。 ピンクテールカラシンについて! ピンクテールカラシンを展示している施設! ピン…

水族館魚図鑑-サメガレイ(Clidoderma asperrimum)

サメガレイは体表がサメのようにザラザラとしている事が名前の由来になっています。 深場に生息している事もあってか、展示している施設は少ないです。 サメガレイについて! サメガレイを展示している施設! サメガレイと市立室蘭水族館 サメガレイを展示し…

水族館魚図鑑-クロヘリメジロザメ(Carcharhinus brachyurus)

クロヘリメジロザメは世界中の温帯域に隔離分布しており、メジロザメ属としては唯一熱帯よりも温帯を好む種類として知られています。 クロヘリメジロザメについて! クロヘリメジロザメを展示している施設! クロヘリメジロザメと小樽水族館 クロヘリメジロ…

水族館魚図鑑-アオブダイ(Scarus ovifrons)

アオブダイはブダイ科の中で最も知名度のある魚だと思われます。 釣りなどで漁獲され食用として利用されていますが、内臓に毒素を溜め込んでいることがあり、死亡例もあります。(厚生労働省からは販売自粛通知がされています。) アオブダイについて! アオブ…

水族館魚図鑑-リコマパールシクリッド(Labidochromis textilis)

リコマパールシクリッドは鱗がパールのように輝く、マラウィ湖固有のシクリッドの仲間で、観賞魚として流通することもあります。 リコマパールシクリッドについて! リコマパールシクリッドを展示している施設! リコマパールシクリッドと志摩マリンランド …

水族館魚図鑑-トリカラーピーコックシクリッド

トリカラーピーコックシクリッドは交配の元となった種類が不明な品種改良種で、派手な体色と模様をしています。 綺麗な見た目から観賞魚として飼育されることがありますが、シクリッド科の魚が元になっているので気性が荒いです。 トリカラーピーコックシク…

水族館魚図鑑-ツバメタナバタウオ(Assessor randalli)

ツバメタナバタウオはサンゴ礁域の洞の中で見られる事が多い魚で、逆さまになって泳ぐ姿が多く見られます。 観賞魚として飼育されることもあります。 ツバメタナバタウオについて! ツバメタナバタウオを展示している施設! ツバメタナバタウオと志摩マリン…

水族館魚図鑑-ミズタマハゼ(Valenciennea sexguttata)

ミズタマハゼは鰓蓋部に水色の小さな斑点が6つ以上あることが名前の由来となっており、水槽の砂のコケ取り対策として飼育されることもあります。 ミズタマハゼについて! ミズタマハゼを展示している水族館! ミズタマハゼとアクアパーク品川 ミズタマハゼを…

水族館魚図鑑-スリーラインペンシル(Nannostomus trifasciatus)

スリーラインペンシルは体側に3本の縦の線が入ることが名前の由来になっているペンシルフィッシュの仲間で、観賞魚として飼育されることもあります。 縄張りを持つ魚で、同種間で争う場合があるので注意が必要です。 スリーラインペンシルについて! スリー…

水族館魚図鑑-レモンテトラ(Hyphessobrycon pulchripinnis)

レモンテトラは古くから観賞魚として飼育されている魚で、黄色の尻鰭が特徴のカラシンの仲間です。 レモンテトラについて! レモンテトラを展示している施設! レモンテトラと鳥羽水族館 レモンテトラを展示している施設の一覧 レモンテトラについて! レモ…

水族館魚図鑑-フウセンウオ(Eumicrotremus pacificus)

フウセンウオは真ん丸とした体形をしたダンゴウオ科の魚で、メディアで取り上げられる事もある人気の魚です。 特に新江ノ島水族館で展示されているフウセンウオが有名です。(新江ノ島水族館では何代も累計飼育されています。) フウセンウオについて! フウセ…

水族館魚図鑑-コンペイトウ(Eumicrotremus asperrimus)

コンペイトウは姿の似ているダンゴウオとは異なりイボダンゴ属の魚で、体表に金平糖のような突起があるのが名前の由来になっています。(フウセンウオも表面に同じような突起があります。) コンペイトウについて! コンペイトウを展示している施設! コンペイ…

水族館魚図鑑-クジメ(Hexagrammos agrammus)

クジメはアイナメによく似たアイナメ科の魚で、アイナメと混同されている事も多いです。 アイナメよりもやや小型で、味はアイナメの方が良いと言われています。 クジメについて! クジメを展示している施設! クジメと鳥羽水族館 クジメを展示している施設の…

水族館魚図鑑-アブラボウズ(Erilepis zonifer)

アブラボウズは脂肪分を多く含むことが名前の由来になっている魚で、同じく脂肪分を多く含むバラムツのように食用禁止にはなっていませんが、食べ過ぎると下痢を引き起こします。 アブラボウズについて! アブラボウズを展示している施設! アブラボウズと市…

水族館魚図鑑-クロホシフエダイ(Lutjanus russellii)

クロホシフエダイは名前の通り、体の後半部にある黒色の斑点が特徴のフエダイの仲間です。 クロホシフエダイについて! クロホシフエダイを展示している施設! クロホシフエダイと八景島シーパラダイス クロホシフエダイと志摩マリンランド クロホシフエダイ…

水族館魚図鑑-フラワーホーン(品種改良種)

フラワーホーンは複数のシクリッド科の魚を交配して作られた品種改良種で、大きく成長した個体は頭部が風船のように大きく膨らむことが特徴です。 丈夫で長生きし、人にも懐くことから観賞魚として人気のある魚です。 フラワーホーンについて! フラワーホー…

水族館魚図鑑-キクラ・ピニマ(Cichla pinima)

キクラ・ピクティはブラジルのバイア州原産の大型のシクリッドで、キクラ・ピクティを含むキクラ属の魚はゲームフィッシュとして人気のあります。 キクラ・ピニマについて! キクラ・ピニマを展示している施設! キクラ・ピニマと鳥羽水族館 キクラ・ピニマ…

水族館魚図鑑-キクラ・ピクティ(Cichla piquiti)

キクラ・ピクティは2006年に記載されたシクリッドの仲間で、体側の縞模様と尾鰭付近の黒点が特徴の南米原産のシクリッドです。 キクラ・ピクティについて! キクラ・ピクティを展示している施設! キクラ・ピクティと鳥羽水族館 キクラ・ピクティについて! …

水族館魚図鑑-イエローピーコックシクリッド(Aulonocara baenschi)

イエローピーコックシクリッドは黄色の体色に頭部が青色になるのが特徴のマラウィ湖固有のシクリッドです。 特徴的な見た目から観賞魚としても流通している魚です。 イエローピーコックシクリッドについて! イエローピーコックシクリッドを展示している施設…

水族館魚図鑑-ルリハタ(Aulacocephalus temmincki)

ルリハタは青色の体色と背中の黄色のラインが特徴的なハタの仲間です。 危険を感じると皮膚から毒を含む粘液を出す事から英語では「Goldribbon soapfish 」と呼ばれています。 ルリハタについて! ルリハタを展示している施設! ルリハタと志摩マリンランド …

水族館魚図鑑-ナミハタ(Epinephelus ongus)

ナミハタは体長30cm程度にまでしか成長しない小型のハタで、名前の由来は分かっていないようです。(成魚の模様が波打ち際のように見えるからでしょうか…?) ナミハタについて! ナミハタを展示している施設! ナミハタと東海大海洋博物館 ナミハタを展示して…

水族館魚図鑑-ツチホゼリ(Epinephelus cyanopodus)

ツチホゼリは体側に小さな黒色の斑点が無数にあるハタの仲間で、砂を掘って住処を作る習性があることが名前の由来になっています。 ツチホゼリについて! ツチホゼリを展示している施設! ツチホゼリと東海大海洋博物館 ツチホゼリを展示している施設の一覧 …

水族館魚図鑑-カスリハタ(Epinephelus tukula)

カスリハタは体側の斑紋が絣模様のようであることから「カスリハタ」という和名が付けられています。 最大で2mを超える大きさに成長するハタ科の中でも大型の種類です。 カスリハタについて! カスリハタを展示している施設! カスリハタと名古屋港水族館 カ…

水族館魚図鑑-オオモンハタ(Epinephelus areolatus)

オオモンハタは体側に密に分布している斑点が名前になっており、ハタとしては中型の種類です。 他のハタと同じように食用として利用されており、鍋や刺身などで食べられています。 オオモンハタについて! オオモンハタを展示している施設! オオモンハタと…